いじめっこ女子と無人島に漂流したら第3話の内容

いじめっこ女子と無人島に漂流したら 3話ネタバレ

しょうた(40)とお姉ちゃんの夏休み見どころ

 

第3話 俺をイジメていた女子をオ○ホ扱いして何度も膣内出し

 

知らないうちに恥じらいという概念が薄れ、チンジャオ娘が管理する無人島に漂着して2日目には早くも洋服を着なくても島の中を歩きまわれるようになっていた。

 

クラスのいじめっこ女子に最初のうちはイジメられている記憶がフラッシュバックしてなかなか男らしい態度で振る舞えない熊谷だったが、日が経つにつれて男性本来の女性を引っ張っていく力が覚醒し始める。

 

その姿を目の当たりにして最初は自分のほうが優位に立ちたいといじめっこ女子の美羽は必死に熊谷と張り合おうとするが元来がっちりした体格の熊谷に力で敵うはずもなく無人島での主導権は徐々に熊谷に移っていくのだった。

 

いじめっこ女子と無人島に漂流したら本編

 

そして無人島に漂流して5日目の夜ついに熊谷は今まで理性で抑え込んできた欲望を抑えきれなくなってしまう。

 

まだいじめっこ女子と無人島に漂流したらの序盤では完全には熊谷の言いなりになっていない美羽は時折彼に対して生意気な口をきくことがあった。

 

その夜も無人島で薪を燃やしてキャンプファイヤーをしていると些細なことで口論となり思わず美羽を押し倒してしまった熊谷

 

そのとき今まで抑え込んでいた感情が溢れだし、まるで野獣のように彼女をひたすら貪り続けた

 

いじめっこ女子と無人島に漂流したら 3話の見どころ

ご近所すぎセフレもいいよ

最初はあまりの荒々しいエッチに息継ぎすらできず動揺する美羽だったが、次第に彼の熱いものが体の中に激しく打ち付けれる快感に酔いしれてしまう。

 

その夜の出来事がきっかけで彼は毎晩、美羽の体を求めるようになっていった。

 

最初は学校でいじめっこ女子の標的として弱い立場だった熊谷なんかになんで抱かれないといけないのという葛藤があったが、何度も体を求められるうちにだんだん彼の逞しいカラダに惹かれるようになっていく美羽

 

無人島での生活が1週間を過ぎた頃には彼のカラダ無しにはもう生きられないようになっていた。

 

そんなわけないと最初のうちは熊谷に対する気持ちを否定しようとしたいじめっこ女子の美羽だったが、それが無駄だということに気づき始める

 

そして現代文明から隔絶された無人島に放り出された2人は無人島での暮らしが長くなるにつれて野生の本能を呼び覚ましていくのだった。

 

いじめっこ女子と無人島に漂流したら 3話のレビュー

ご近所すぎセフレの名シーン

無人島に漂流してから最初のうちはクラスの最底辺の存在だった熊谷の事をまるで虫けらのようにしか思っていなかった美羽が次第に彼の逞しさに惹かれて好きになっていく過程は見ていて楽しめました。

 

やっぱり無人島に漂流してしまうというハプニングが今までの常識を崩壊させ徐々に人間本来の快楽に身をゆだねるという生き方に素直になっていく美羽が可愛かったです。

 

いじめっこ女子だった美羽は修学旅行に出発する前は嫌味な存在でしかありませんでしたが、無人島で熊谷に調教されていく中で少しずつ女性らしさを取り戻していく姿は面白かったです。

 

熊谷も最初の頃はとても頼りなくて担任のくせいにいじめっこ女子1人も叱ることができないのかと呆れてしましたが、無人島に漂流してから魚を取ったり寝床を作るなど男らしい一面を発揮して助けがくるまで美羽を絶対に守ってやるぞという決意が伝わってきて実は頼れる存在だったんだな~と意外な彼の一面に驚かされました。


inserted by FC2 system